大河内 淳矢(Junya Okochi)

愛知県西尾市吉良町出身。
桐朋学園芸術短期大学日本音楽専修尺八専攻卒業。
NHK邦楽技能者育成会55期卒業。

自作曲を中心に演奏活動を行うほか、和楽器の枠を越え、オーケストラ、演劇、ダンス、書道、水墨画、語りなど、ジャンルを越えたアーティストとの共演も積極的に行う。

和楽器オーケストラあいおいメンバー。直木賞作家の志茂田景樹氏による読み聞かせ隊演奏メンバー。ヴァイオリン・チェロ・尺八のトリオ TRITONメンバー。

海外公演を多数成功させ、2012年に外務省在外公館長表彰を授与される。
国内にて開催された国際音楽祭にも多数出演。イベントや楽曲プロデュースも手がける。テレビ番組、CMや舞台音楽、アーティストのレコーディング等にも参加。

2014年、西尾市文化会館大ホールにてリサイタル「輪の響き」を開催。「きらまつり」「仁吉まつり」にゲスト出演など、故郷での演奏活動も大切にしている。

オリジナルCD『Nostalgia』『心からありがとう』『八∞縁』をリリース。

現在東京を拠点に活動し、2017年より尺八とフルートを融合した楽器“オークラウロ”奏者としても活動中。